三里浜オリーブ生産組合


 オリーブの栽培活動を行うために、2018年7月に地域の有志が集まって「三里浜オリーブ生産組合」を設立しました。

 その理念は、組合員が共同出資をして、協同作業によりオリーブの栽培活動を行うことによって、地域の園芸振興と休耕地の解消を図りつつ、景観形成への寄与を目指すことです。

 設立当初の組合長には、三里浜砂丘地園芸産地振興協議会の会長が、企画担当及び経理担当の理事には地域内の町内会長がそれぞれ務めます。何れも栽培圃場がある3つの地区の町内会長が就くことになりました。

 早くも1年が経ち、第2回目の総会が開かれました。


2018.7.21 設立総会(中央に組合長、左奥に 来賓、手前に説明を聞く組合員)

2019.6.9 第2回総会(組合員32名中、26名が参加)


2020.6.28   第3回総会(組合員33名)                  NEW !!

  1. 第3回総会が開催され、過去2年間の経験を踏まえて策定された諸計画が承認されました。設立以来3年目を迎え、約1,500本までオリーブの植樹を増やしてきましたので、年間に亘っての栽培活動の要領は軌道に乗ってきました。
  2. 今まではオリーブを植樹して育成することに専念して来ましたが、今年からは結実した若い実を一部試験的に収穫して新漬けする計画があり、新しい段階に入ってきました。これに伴って今後、新たな設備や食品衛生法等に係わる商品化に向けた体制の整備が必要になってきます。なお、待たれるオリーブオイルの商品化は、搾油機を導入する来年度以降から段階的に取り組むことになっています。 ご期待ください。

 

【組合の概要】

組合名

 三里浜オリーブ生産組合        

所在地  福井県福井市白方町13-9
E-mail   sanrihama.olive@gmail.com
代表者

 組合長 村嶋哲郎 TEL:090-3154-9944

設 立  2018年7月21日
概 要    

(目的)

・ 三里浜砂丘地においてオリーブ栽培を行う。

・ 園芸の振興と休耕地の解消を図る。

・ 収益拡大と景観形成に寄与する。

 

(事業内容)

・ オリーブの栽培、加工、販売を行う。

・ 生産資材を共同購入する。

・ 生産と販売に関する基盤整備を行う。

 

(栽培区域)

・ 指定された区域(白方町、石橋町、石新保町、 柳原町、 川尻町、両橋屋町)

 

(組合員の資格)

・ 原則として、栽培区域内で協同で栽培

、加工、販売する者。

・ 別に定める出資金を拠出する。

 

(事業経費)

・ 販売収益金、出資金、補助金、助成金、協賛金、寄付金。